kozawa のたまに気になること

リンクの少ないでもぶろぐ・・・にせぶろぐ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
財布の小銭入れ最適化問題
 タイトルは釣りです(財布の小銭だけにっ!)。

さぶいですね。

閑話休題。買いものでレジで支払いをするときに、小銭を出すのに困る経験って誰でもありますよね。解決法として、電子マネーとかクレジットカードとかいうのが流行っているこの頃なのでここからの話題ははっきりいって時代遅れです(まぁ、釣りは要らないよ、という人もいるかもしれませんがそれはそれとして)。

支払う時に全部札でとかする手もないことはないんですけど、小銭を全部募金箱にでも入れないとじゃらじゃらして当然じゃまですので、結果として「釣りはいらないよ」主義と何もかわりません。

これに対する、もっとも発想的に単純なアナログ解決方法としては、「硬貨の種類別に完全に分けられた財布を使う」ことにあります(全自動でボタンを押すと最適な小銭を出す機械、というアイディアは今回の話のネタ的にも実用的にもアレすぎるので却下します)。まぁ、「硬貨の種類別に完全に分けられた財布を使う」という手も、ないことはないのですが、それではネタとして面白くもなんともありません。世間にふつうにありふれた「小銭入れ」で考えてみますと、「小銭入れ部分が仕切りで二つに分かれている」ものというのは、割とそこら辺でも普通に見つかりますし、持ち運び上も特別なものでもありません。考えてみましょう。小銭入れから小銭を探すときに、一番時間のロスになるのは何か、これは個人差はあると思いますが、「100円玉と50円玉が埋もれた小銭からは紛らわしい」ことです。これが1番ではないとしても、これに悩みを感じたことのある人は多いのではないでしょうか。ここで、「はじめから、100円玉と50円玉は別のところに入れてしまえば出すときに悩む時間が解消される」と考えるのです。そこに「分けられる入れ先は2つ」という制約を考えてみましょう。ここで私の定義する「財布の小銭入れ最適化問題」とは、「二つに分けられた小銭入れの中に日本のすべての硬貨の入れ先を分けることで、小銭を探す時間を最小にする」問題なのです(なんだそりゃ!)。すべての硬貨の間には、「間違えやすさ」の度合いがそれぞれなだらかに存在し、そこには程度の大小関係が存在します(しかし、ここに個人差が混じる余地は否定できませんが、個人によってまったくばらばらであってある程度共有可能な尺度が全く成立しないということはないでしょう)。ここで、「最も合理的な硬貨の入れ方の二つへの分け方」…考えてみませんか?

たとえば、500円玉を100円側と50円側とどちらに入れるといいでしょうか。これは大差はないのですが、100円、50円、500円の3つだけの関係に着目する限りにおいては、大きさと穴の有無という違いの大きい50円の側に500円がある方が若干ながら判別効率は高いと思われます。しかし、この基準は他の硬貨との関係を考えると、重要度が小さいので100円と500円を同じ側にするのもありでしょう。大きさ、穴の有無、色の違いなどを加味して全体最適を考えると…?

まぁ、実のところ、自分はそういうことを実践しているたちで、自分流の「答え」はあるのです。実際、慣れると、小銭を出すのは早いです。もちろん、これの最大の弊害は「小銭をしまうのに時間がかかる」ことで、レジの会計の後に小銭をしまうのにおろおろしていると、他人様(それは時にレジの行列の次の人だったり、一緒に買い物に付き合ってくれてレジ行列に並ばなかった連れ合いが、まさか支払い後に時間がかかると思わず予想を裏切られて云々とか…)に迷惑をかけることになりかねないということだったりするわけなので、皆様にお勧めするかといわれると、歯切れの悪いものはあります。ちなみに実践経験があっていうのもなんですが、「お金を出す時にかかる時間」と「お金をしまう時にかかる時間」の合計がこのメソッドで減るのかといわれると、まったくもって自信がありません!

| pc/net | 19:03 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:03 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/28 2:08 AM |









http://kozawa.jugem.cc/trackback/553
Firefox3 Meter レビュープラス
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE