kozawa のたまに気になること

リンクの少ないでもぶろぐ・・・にせぶろぐ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
エスカレータ立ち止まるのは右か左か問題

大阪では右に歩かない人が乗って、左は「歩いて先に行く人」用に、東京は左が立って、右がショートカット。
ある程度の規模の都市では今ではだいたいどちらかによる暗黙のルールがあるようです。ただ、日本では大阪とその近郊以外は左立ちが多いのですね(神戸は左立ちっぽい、京都はネットで見ると両方みかけますが…)。
海外でも調べると国と土地によって違うのですが、若干大阪ルールの方が多いように見えます(印象)

で、なんでそんな差が出来たのかについては諸説あって、「議論の余地のない決定打」ってないようです。
まぁ私は「そんなにはっきりした理由はない」っていう印象を持っています。
いくつかある説には
「大阪では 1970年に開催された万博のときに欧米にならって 右に立つことが定着したといわれています。」
エスカレータ・右左どちらに立つ!? - Yahoo!知恵袋)、 刀を持つ側との関連を指摘する意見右を歩くか左を歩くか エスカレーターの文化紛争 - 飛耳長目 国際紛争の心理 - Yahoo!ブログ、 私が一番信用している説は、ネットではあまりみかけませんけど、「駅の作りなどの偶然が生んだ差が広まった」というもの。
この説は何を言っているかと言うと、簡略化すると、「エレベータを降りた後、例えば行き先の改札が左側だったとすると初めから左側に乗る人が多くなるとは考えられませんか?」ということです。この説明ではその左に乗る人が「立つ」なのか「歩く」なのかわからないのですが、一端「乗る前や降りた後にどちら側へ行くかが寄る方向に影響して、それは駅によって違うはずだけど、大げさにいえばバタフライ理論的に広まった」的に説明します。まぁもしかすると、駅の構造や人の流動(駅から出る時に人が進む向き)を調べると大阪に何らかの特徴が発見されるかもしれないなぁとは思っています。

しかしでも、どうやってそれを論証出来るでしょうか。「実態」調査という意味ではどの時期にどの駅ではどうだったかの情報を蓄積すればいいんですけど、まぁ誰もいつ頃からどの駅でどっちに寄ってたかとかろくに覚えてないですので、聞き取り調査は、多少の参考にはなってもそれ以上の信ぴょう性がない…。その点は、まだ、「当時の記録」の文献や写真といったものの方が信頼性は高いけど、集めるのが難しい上に、「断片」を集めてもなかなか過去情報を再現するのは難しそうです。けど、そういう研究誰かやらないかなぁというばかばかしい妄想はしています。

「ある都市では右/左に寄る」というルールはどのように発生しうるのか。「歩く人と立ち止まる人のどちらも一定割合を超えていてどちらかに寄らないと効率が悪くなる」というのが一つの条件であろうことはおおむね類推できます。「同じ人が何度も利用する駅でそれが発生する」これも一つの条件と推測出来て、ルールが空港などでは比較的出来にくいらしいことなどからみても、言えそうです。少なくとも初期に現象が発生した駅は「同じ人が何度も利用する」場所であった可能性は高いのではと推測しています。でないと今日と明日で同じ方向に人が寄るとは限らないと言えそうだからです。あとは「特に幅が二人分のエスカレータで発生しやすい」と想定されます。一人乗りでは寄れないし、横幅が広いエスカレータでは寄る必然性が少ないので。
初期状態(?)では、左に立つ人も右に立つ人も一定割合要るはずです(偏りは考えられますので、割合が50:50というわけではありませんが1:99とかってことはないと思うのです)。それが、何かしらの理由で「自分の自然な方」ではない方に「ルールだから合わせる」ようになる。途中段階として「みんながそっちに寄ってるからそっちに寄る」とかあると思いますが。

ある程度確率的動きがそこにあったと思われるので、モデリングしてシミュレーションすること自体は可能なのではないかと思います。ただ、何をパラメータにしてその値をどこに置くかはかなり難しそうです。でも、「一部のパラメータをちょっと変えるだけで結果が不安定」みたいな現象が観測できるかもしれません。
初期状態に関するパラメータと値、色々考えられます。まずは「自然状態で左に乗る人と右に乗る人のどちらが多いのか?」について。
「(前述の)構内構造によるバイアス」「歩行者右側通行等のくせによる偏り(この値はあまり地域差は大きくないと思いますが、もしかすると日本の通行ルールを守る傾向の強い人と弱い人の割合には案外と偏りはあるかもしれません)」「歩行者を追い越す時に右を抜けるか左を抜けるか(これも地域差小を想定)」「荷物の有無でどちらの手すりによるかの違い(これもそれほどの地域差はないような気がしますが、真中に立ったりしないとか、手すりを理由に積極的に一方に寄りたがるかどうかは年齢別利用者割合比率の地域ごとの差などと相関があるかもしれません)、これには利き手の偏りといったものとの相関もあるかもしれません」。これらの初期値を正確に求めることは難しいですが、人を集めて誰も乗ってないエスカレータに乗せるなどして初期値のための参考値を収集すること自体はまったく不可能ではないと思われます。
どれだけの駅なりエスカレータなりがあり、その利用者がどれくらいいて、どれくらいがリピータであるか、そして「立つ際に周囲が一方に寄ったからとそれに従いやすい人がどれくらいいるのか、とか、どれくらいみんなが寄っていると従うのか」あたりをうまいことモデル化してシミュレーションを流すと、何か面白い実験が出来るかもしれないなぁなどと思ったり思わなかったり。
まぁこの辺のパラメータ想定の情報収集の一環としては、「過去が実際どうだったか」という前述の「過去実態調査」も一つの重要な情報になりえるのですけどなんかやっぱり難しそうです。
地域単位で統一されるまでに、同じ地域でも「個別のエレベータでルールが出来て、近い地域でもばらばら」という状態もあったかもしれない、そういう場合にどういう条件で統一されていくのか(より利用者の多いエレベータのルールが持ち込まれやすいとかあるかもしれません)…いやぁ、面白そうな研究だと思いますけどねぇ。これがわかっても商業的にすぐにつなげられそうな気はぜーんぜんしないんですけど。
ただ、まぁ強いて屁理屈をこねれば、建物と人の動線の設計をする上での何らかの法則やデータの一つにはなるかもしれませんね。人の行動の心理に関する研究の関連分野とも言えなくもない。

上述の私が一人で妄想したものだけでは色々突っ込み所があるはずなので、煮るなり焼くなりして研究につながるような「研究テーマが決まってなくて困っている」ような人がいたら…うれしいけど、たぶんいないよね:P

ちなみに、別の問題として「エレベータは歩くことを考えて設計してないので歩いてほしくない」「設計を考えるとエレベータは左右に寄らずなるべく真中に乗ってほしい」「狭い中で歩く人がいると止まっている人があぶない」等の問題もでてますし、とはいっても設計起因の指摘はメーカーにもよるので「別に歩いても構造上大丈夫」という意見も見たことがないでもないのと、「止まると邪魔って声の方が大きいのであるいてください」ってアナウンスしてるところもないこともなかったり、話は簡単じゃないようです。

2011/12/26追記)この問題に関連があるかもしれない「別の場所のエスカレータ」というのもちょっと頭をよぎった。他の人どおりの多いところのエスカレータも影響したかもしれないな、と。シミュレートなり調査にはそういったものも入れた方がよいかも、と。特にデパートとかのエスカレータは、螺旋状に設置してある所が多いと思われ、その回転の向きは上述の議論に大いにかかわるのではないか、などと。
| - | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:07 | - | - |









http://kozawa.jugem.cc/trackback/557
Firefox3 Meter レビュープラス
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE