kozawa のたまに気になること

リンクの少ないでもぶろぐ・・・にせぶろぐ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
年末年始連載された@ITの瀧田さん特集
Mozilla Japan代表理事の瀧田佐登子氏の半生がスゲー面白い - YAMDAS現更新履歴 ここでも絶賛されているけど、確かに色々面白い。@ITの「連載:挑戦者たちの履歴書 挑戦者やリーダーたちはどのような人生を送ってきたのか」。2011/11/7から2012/1/25までの24回連載でした。まぁここを読みに来るような方なら大概読んでますよね?まだだった是非どうぞ。

瀧田さんには色々お世話になってきました。応援してます。過去に瀧田さんの過去の活動をさらしてみる | kozawa のたまに気になることとか瀧田さん略歴 | kozawa のたまに気になることとか書いてしまっている私です。はいすいません。第122回に出てくる鳥取赤十字病院。地元の大病院ですね。(現在は平成の大合併でエリアが広がっていますが)当時の鳥取市の、また鳥取県東部の中核医療施設4つの一つで、ベッド数ではその中で最大ですね。県東部っていうくくりは、JRも未電化区間の多い(県庁所在地に走っているのは電車ではなく機関車付きの「汽車」です)鳥取県では県内の移動も時間がかかるのでそんなもので…。第123回の話題。スキーと言えば、一番近くはあそこからだと多分氷ノ山(ひょうのせん)、県内にはもっと大きい大山(だいせん)もありますが、鳥取砂丘と言えば、雪がなくても砂で滑れるような所なのでまぁ遊べますよね。第124回の鳥取西高校のとても古い校舎の話は、今では現物は見られないと思うので図書館かどっかで写真資料をあさってくるしかないと思いますが、今でもそれなりに古い校舎(1963年頃のもの)で困ってるようですね参考:教育カウンセラーの独り言: 鳥取西高は城跡から移転を…文化庁が見解 鳥取城跡も手軽な山登りすぽっと…。第125回の「さあ、“宇宙科学”を勉強するぞ!」と思ったところ、何とそんな学科は存在しなかった! 実際にあったのは宇宙科学どころか、同じ“カガク”でも“化学”の方だったのである。」って所だけはどうもよくわからなくて、まぁ目的の研究をやってなかったから別のところにするのは普通のことだからなにもおかしくないんですけど、明星大学理工学部には当時今でいう物理学系(理学部寄りでは宇宙に近いところは物理系とかにあることはよくあります、今の明星大学でもあることはあるようです)や機械工学系(工学部寄りでは航空とか宇宙に近いのはこの辺に分類されたりすることも。明星大学のこの機械工学系に現在宇宙に関する研究が今あるかはわかりません)はなかったんでしょうか。多少近いのがあったとしても自分の目指してたのと違えば選ばないとか普通ですけど、「あったのは化学」って文章だとあれ?っと。

とかいうペースでやってるとほとんどストーカーなので、この辺にしましょう。第132回のSE時代からネスケ初期の当たりJavaは、前述の瀧田さん名義本とかにその空気は残っているかもしれませんね。で、さっさとブラウザ時代に話を持っていきましょう。時代がシンクロするなー。というわけで、ブラウザ黎明期からブラウザ戦争までについてはO'Reilly Japan - ブラウザ選択の時代を読み解くを買って読んでください…と言いたいところですが既に絶版です。流通でも注文ストップなところが増えてきました。ウェブ通販系で買えるところがどこかしら残っている可能性は否定できないのでご興味あれば是非。「ブラウザ選択の時代を読み解く」の第1章を読み解くのによい10冊程度 | kozawa のたまに気になることなどもどうぞ。といってもワールドワイドな話だと日本の話があんま出てこないんですけどね…。

第135回のMOJIBAKEの件、今ではMojibake - Wikipedia, the free encyclopediaという具合に英語版ウィキペディアに記事が立派にあります。瀧田さんがネットスケープ社内に広めようとした1996年。文字化け - Wikipedia日本語版ウィキペディアの「Mojibake」節を見ると、久保芳之さんが広めたとなっていて、どうもリンク先とか見る限り1996年に瀧田さんが頑張ったより数年前のようだ。といっても現在の広まりとそれぞれの頑張りがどのようにつながってたかは私にはわかりかねるが、久保芳之さんが頑張ったにも関わらず、ネットスケープメンバーは1996年時点で概念もわからなかったということ。現在でも英語圏でわかる人がどれだけいるかは怪しいが、今なら英語資料で「これを読んでおいて」って言っておけばなんとかならないでもない。

第140回あたり、コミュニティメンバーからMozilla Japanとのかかわり。まぁ今となってはだいぶ離れてしまった私があんまりどうこう言うのも老害状態でよくないんですが、まぁ許される範囲だろうと思って回顧すると、色々私自身も当時悩んで、その時に決断に後悔してることも多いけど、今のように、一つの時代を作れたプロジェクトのある一時期に立ち会えたことは今でも喜びです。

瀧田さんの言葉

「学生でいられる内に、オープンソースの世界を踏み台にしろ!」
いいですねー。

ご参考

| Mozilla | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:37 | - | - |









http://kozawa.jugem.cc/trackback/558
Firefox3 Meter レビュープラス
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE