kozawa のたまに気になること

リンクの少ないでもぶろぐ・・・にせぶろぐ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Firefoxという名前と略称ff/fx

ウェブブラウザのFirefoxの名前とff/fxといった略称について、なんか知られていないことが多そうなので、私のわかる範囲でちょっくら整理してみる。

ウェブブラウザFirefoxの名前は、2002年にPhoenixという名前でリリースされたブラウザが、Phoenix Technologies 社の商標権の問題で一度Firebirdに改名、それがOSSのRDBMSのFirebirdと名前がかぶると苦情があり(法的に問題があったわけではないが、OSSとしてそれを受け入れた結果)、2004年8月リリース版より取り入れた名前である。

Mozilla Firefox - ブランド名に関する良くある質問Mozilla Firefox - Brand Name Frequently Asked Questions)、Firefox 1.5.0.12 リリースノートFirefox 1.0 リリースノートにあるとおり(原文リンクしてないものもすべてMozillaの公式英語ドキュメントがかつてあったものの公式和訳です)、

引用1)

"Firefox" は レッサーパンダ の別名です。
引用2)

Firefox? それとも Mozilla Firefox?

正式名称は Mozilla Firefox です。略して Firefox と呼ぶこともあります。

引用3)
Firefox のスペルは? 短縮形は?
Firefox のスペルは F-i-r-e-f-o-x です。最初の文字だけが大文字になります (例えば、FireFox や FireFOX、FIRE FOX など、多くの人がそうだと思い込んでいるものはすべて間違いです)。好ましい短縮形は「Fx」か「fx」です。
引用4)
Firefox のスペルは? 短縮形は?
Firefox のスペルは最初の F だけが大文字になります (FireFox は間違いです)。好ましい短縮形は「Fx」か「fx」です。
とアナウンスされました。ついでにいうと、レッサーパンダといいつつ、実際にはロゴは狐っぽいのがたくさん使われています。Firefoxという名前を決めるのに主導権を持ったであろうアメリカにおいてレッサーパンダがそもそもどれほど著名であったかはよくわかりませんが(これはまともに調べずに言っている感想です)。Firefoxはちなみに商標上当時何の懸念もなかったというわけでもなく、イギリスのある企業とは事前にやりとりがあったと聞いています(やり取りがあったというのが即ちやりとりしなければ違法だったとは限りません)。 では、それぞれこれについてちょっと一つずつみていきましょう。 引用1について。Firefoxはレッサーパンダの意味であると。しかし、これについてRed panda - Wikipedia, the free encyclopediaをみると
The English name firefox is often claimed by English sources to be a literal translation of the Chinese name for the red panda.[75][76][77][78][79] But the Chinese word 火狐 huǒ​hú refers to the Firefox web browser.[80][81][82]
となって複数の出典が挙げられています(同記事には引用部以外にもまだ関連言及ありますのでご覧ください)。「ブラウザ以前にそんな用法があったのか疑わしいのだ」と。これがどれほど正しいのか調査は私の手に負えないのですが、出典を見るに少なくともレッサーパンダの別名としてのFirefoxという名前が、ブラウザ以前から著名であったと考えるのは難しいと思われます(私の持ってるいくつかの辞書にはないです。もっと由緒あるすごい辞書を調べていただける方がいらしたら是非どうぞ)。ちなみに、ブラウザ以前に英語圏でfirefoxと言えば、第一義にはクレイグ・トーマスの小説(最初は1978年)のシリーズとその映画化といってほぼ間違いないです。じゃあ、それ以前がどうなんだと言いだすと、Googleブックサーチで1977/12/31以前という条件で「Firefox」でひっかけてみましたが、多少はあったようです(決して多くはありません)。ただ、それぞれがどういう意味で使われてるかまでは私はチェックしてないのでご興味のある方どうぞ。 引用2は特に調べてどうのっていうわけでもないのですが(イギリスとの商標の問題でそういう正式名称としたとかいう話があったような気がするのと(記憶いい加減)、Firebirdという名前を一時は「Mozilla Firebird」にして切り抜けようとしたという話の名残もあるかな(この辺も記憶いい加減。調べて追記は気が向いたらするかも)、などと。

引用3と引用4に入ります。Firefoxは「一単語」であり、(少なくとも建前上は)ブラウザが採用する前からあった名前ですから、foxの部分を切り離したり、Foxと書いたりするのが間違いだというのは割と明確だと思います(間違いだからといって他人にしつこく言うことがいいのかは脇に置いておきます)。また、商標でもあるので、それはFirefoxと書くのが正確に決まっています。しかし、商標を盾にするならUnixは商標はUNIXでしょとかいう話も関係したりするわけで(Unixの場合に同一視できない事情があるという考え方もあると思うのですがそこまでは深入りしません)。商標であることを盾にするだけではなく本来1単語であるということのも持ち出す方が不当表記を批判する説得力があると思います。まぁ後者だけでいうなら、firefoxとかFIREFOXは間違いとは言いづらいとは思いますが。

そして、略称の話に入ると、これがやっかいです。まず、この略称の推奨文言は、Firefox1.5とかいう古いリリースノート関連には載ってますが、その後新しいバージョンのリリースノートに乗らなくなってから何年も経っているばかりか、Mozilla関係者の資料にすらffっていう単語が少なからず見受けられます。もはやこれを「Mozillaがそう望んでいる」と主張するのは説得力に欠けていると思われます(fxを好むのを否定する理由ではありませんが)。まぁ、基本的にこれは一単語であって、fxどころかffも頭字語ですらない。そもそも2文字に略す必然性もないです。実用的に2文字ぐらいが都合がいいという話はあるでしょうが、どっから取るかはある意味任意です。それでも、語源的な意味でfireとfoxに切れるよねって考えてffって略する人がいるのはよく理解できるし、間違いだという理由も、公式がfxの積極的推奨を取り下げた今となってはないと言っていいんでないでしょうか。といっても「これは1単語だから」論は、「もともとFirefoxなんて単語はほとんどなかったわけだしほとんど新しい造語だろ」って言われると1語論を強気でいうのはちょっと弱気になりがちだったりします。それを言い出して語結合 - Wikipedia結合辞 - Wikipedia複合語 - Wikipediaみたいな考えを持ち出すともう私は手に負えるので逃げるしかありませぬ。ちなみに、当初ffではなくfxが公式に推奨された理由は知りません。素人考えて思いつくのはFireFoxと勘違いしてほしくなかったのではって感じです。あとは、たぶん関係ないですけど、英語圏においてもfxよりはffの方が別の意味の言葉が多いように見受けられることぐらいでしょうか(英辞朗とen.wikipedia調べ…って信憑性の薄い簡易的調査にすぎませんが…)

というわけで、上記の一部は以前書いたといっても以前に書いたほのうのきつね | kozawa のたまに気になることとかなりかぶってますけど、こちらにはまた違うネタも入ってます。

| Mozilla | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:57 | - | - |









http://kozawa.jugem.cc/trackback/559
Firefox3 Meter レビュープラス
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE