kozawa のたまに気になること

リンクの少ないでもぶろぐ・・・にせぶろぐ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
理系文系学メモ
これはネタです。


理系文系学といえば[理系文系] - 思索の海はてなブックマーク - 思索の種 - 理系文系は前提だと思いますが(まてこら)。

以下、整理してまた後日どっかに何か書くためのブレインストーミング的メモ。

・理系文系の歴史は後で調べるかもしれない
・まともな研究はそれはもちろんあるはずだからそれを先に調べろって話だけど後で調べるかもしれない

・理系/文系
現代日本では大学受験のための高校の分類が一番の土台と言ってよいのでは?
大学受験で理数と国社のどっちを重視するか、とそもそも理数と国社のどっちが落第せずに卒業出来るか、の2点が土台?
理科と数学、国語と社会には得意不得意の相関が多分ある…でも当然人によってねじれもあるよね(数学得意でも理科はダメとか、国語と社会の間のねじれの方がもっと大きい気がするけど気がするだけなのでそのうち調べるかもしれない)
・大学受験でどうしてそういうのが必要なのかの最大理由は大学で学ぶ内容であるはずで、その理由であるはずの学ぶ学問そのものに傾向を指して理系学問、文系学問という分類があるので世間的にはこっちが定義っぽいけど、自分的には「高校のクラス分け」の方が本質だと決めつけている(逃)
→この大学以後で学ぶ学問の理系文系分類を含む社会での理系・文系の意義はある程度理由は調べて書けばそれらしいものが書けるはず。お題目としてのそれすら書けないとしたら日本って一体どうなっているのって話になってしまうような気がしないでもない。

・理系/文系にまつわるあれこれ
・学問としての理系/文系。どちらともつかないものがある。また二つに割って違和感のないものだけを取り上げたとしても、その先の学問は多様すぎる。工学部と農学部と医学部の学問の様子は似ているか?経済学と言語学はどれほど似ているか?(学部レベル的分割と学科レベル的分割でも見え方が随分違うのが分かるような例を敢えて挙げてみた)
・理系/文系と人の性格との相関。疑似相関が多すぎないか。理系は文系より男性比率が高い(男女比問題は戦前の日本の大学とかを持ち出すとどっちも女性少ないので比率は言うほど違わんじゃんとかなりそうだが)etc。
・理系/文系と類型の影響。理系というと人数では多分工学部が学部レベルでは最大派閥なので工学部のイメージで勝手に理系を代表していないか(工学部の中の多様性も勿論色々だが)。数学科の理工系と二つ合わせただけでかなりまとめてしまって農学部を無視してないか?工学部と理学部数学科ってそんなに近いか? →所詮便宜的な分類なので例外ケースはどうでもいいって言い切られると、この類型の問題は一部終わってしまう気もするのだが。
・受験の都合で理数、国社とわけたが、数学と国語を脇に置くとして、物理、化学、地学、生物ってそんなに似ているか?日本史、世界史、倫理、政治・経済ってそんなに似てるか?(得意不得意や隣接内容の程度が今挙げた二つのグループの間より中の方が強いであろうことはあえて検証するまでもないと思われるが、それだけで終わる話なのか) 関連話題だと理科の中では地学や生物の方が文系寄りの扱いをされているとは思う
・理数と国社には定義上(?)入らないけど受験で大抵使われる英語(orその他外国語)は、時に理系からも文系からも「あっち側」呼ばわりされることがある(もちろん同じ頻度ではないんだけど、見た限り、理系が理数の一部を、文系が国社の一部を相手呼ばわりするよりは多いのでは?)
・自称理系や自称文系が社会に存在する「理系はこうだ」「文系はこうだ」の影響を受けて自らそれに近づいて行っている面はあるのでは?(自分にはデータ的根拠はない)
・理系/文系「学問」と理数/国社の関連が相対的に強いのはきっとそうであろうし、理系/文系の学問の「現状記述」としての傾向は調べればその他にも抽出・記述は可能であろうけれど、それらが理系/文系にとって今後も本質的特徴であるのかどうかはいったい誰が決めるのか。

・理系/文系のその他の弊害
理系だから国語が出来なくてもいい的風潮、文系だから数学が出来なくてもいい的風潮を助長することは社会にとってマイナスではないのか?
(個人の選択として得意分野や進路が理系/文系で逆の科目が不得意だから一方側の科目だけで生きる道を選ぶ、というのを否定するわけではない。社会で助長することを問題視している)

・理系/文系から広がるほとんど誤解?
・科学といえば理系 …ちょっと待て感があるけど、これはまだ記述的な話をするとまぁ、あれだ。
・理系が論理的 …こういう物言いはどちらかというと自称理系に目立つのだけど言いたいことが山ほどあるとかなんとか
→デムパ的言論に所属が文系の研究者が目立っていたりはしないか(目立つのと多いのとは違うのに注意)。国語は非論理のイメージ、国語教育に感性・感情も勿論含まれてはいるのだが、「作者が言いたいことは何か」という単に文書読解の問題すら感性という誤解が結構あるのでそういった事と関連があるのではないか等
(この他にも挙げたらきりがないけど、最初に挙げたブクマに色々あるからまぁ後はいいや)

・その他
今の日本のシステムの問題や海外との比較とかこそニーズがありそうだけど、私がぐだぐだ余計なことを言う所ではないので逃げる。


もしかすると後で気付いたことを直したり加筆したりするかもしれないけど、ネタなのであまり期待しないで下さいましな。
| - | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:49 | - | - |









http://kozawa.jugem.cc/trackback/563
Firefox3 Meter レビュープラス
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE