kozawa のたまに気になること

リンクの少ないでもぶろぐ・・・にせぶろぐ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
愛国的アルファベット呼称

本記事はネタです。

世間でアルファベットと呼ばれることの多い英字等。ここは議論の簡略化のために英字「ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ」の26文字に限る。この制限は趣旨には影響がない。この英字の各文字の日本での呼称は英語の影響を受けた「えーびーしーでぃーいーえふぎー」などとなっている。これを愛国的に「あーべーせーでーえーふーげー」などと変更するべきではなかろうかという提案である。この愛国的、の最大の基準は「日本語のローマ字表記上の各文字と発音の関連がわかりやすくすること」である。なのでこの点においては子音に使われる文字Bがべーであるのかびーであるのかはあまり問題ではない。この変更を行うのには大きなメリットがある。それは「えーびーしー」のという読み方を覚えても単語を読んだりする時に役にたつ度合いが少ないことにある。わざわざ英語のバイアスのかかった「えーびーし」と覚えたところでAを英語で「えー」と読む事ももちろんあるのだが、fanなら「あ」の方がずっと近いし、あまりにも「えー」より遠い場合が多すぎる。他の文字も子音に主に使われる文字も例外が多すぎる。そして、勿論なにより日本語のローマ字表記上の読みとはもっと異なる。こんな不便極まりない話しがあろうか。しかし、これがドイツ語スペイン語イタリア語フランス語等になると、その言語におけるアルファベット個別の読み方と発音の対応関係はずっとよく、例外が減る。実のところドイツ語スペイン語イタリア語フランス語であればどれを選んでも英語的読みよりは日本式ローマ字読みとの対応がずっといい、がドイツ語を選ぶとCのツェーは読みにくいしJのヨットは日本語にJを使うとじぇーなどの方が都合がいい。他を選んでも大なり小なりイマイチの文字がある。なので、これらの間をとって日本っぽくすればよい。そうすると、英語以外であるドイツ語スペイン語イタリア語フランス語などの言語を覚える時にも余計な英語読みの呪縛から多少なりとも離れて学習し易くなるというメリットまである。

「あーびーせーでーえーふーげーへーいーじぇーけーえるむーぬーおーぺーくーらーすーてーうーう゛ぃーわーえっくすーやーぜー」などなど。LとRをどっちも日本語ではら業だからどっちもらーと読んではさすがに都合が悪いのでラ行っぽさの強いRを優先してらーにしてLは違う呼び名にした。ほとんど日本語で使わないXはほとんどどうでもよい。強いて言えば日本語ローマ字変換IME等では使われることがあるのでその読みのどれかから選んでもよかったのだがXに関してはどれを選んでも無理筋っぽかったので諦めた。など。

繰り返すがジョークである。幾ばくかの本音を上記に織り交ぜてはあるが、詭弁の山であり、「仮にラテン文字の日本での名称を敢えて問題提起する時に重要な論点が網羅」されているわけでもなければ、「名称変更のメリットがデメリットを上回ると私自身が考えている」わけでもなく、「変更を訴える意図」自体が書いている本人にまったくないのであしからず。このネタの再利用の際には本人の意図しない(詭弁のつもりがない、等の)単なるデタラメが混じっている危険も大いにありうることに注意すること。

| 言語 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:49 | - | - |









http://kozawa.jugem.cc/trackback/567
Firefox3 Meter レビュープラス
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE