kozawa のたまに気になること

リンクの少ないでもぶろぐ・・・にせぶろぐ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
なごやかJava ゆるふわテストツール編
なごやかJava ゆるふわテストツール編 - connpass`に参加しての感想を。
私は体調不良で遅れて参加だたですが(発表で言えば「Selenium導入事例紹介(仮)」の終わりごろから参加。時間は押して進行してたので14:30頃だったかしら)。

みなさんすばらしい発表でした。といっても自分がふぬけでとても理解し切れてないので、感想もまともに言えません。

きょんさん夫婦が子連れ(乳児)参加ということでお二方もうまく子供をあやしながら(あれは大変であったはずである)、みんな快く迎えていて、その辺は模範ともいえるようなところではありますが、きょんさんリスペクト。

まともに感想なんか言えないので、発表「テストの自動化を考える前に」を伺って自分の自分が見かけた「テストでひどい目にあう例(ただし、非TDD。非TDDにおける部分的テスト自動化含む)」を書いてみようかな。もしこんなだめなやり方でTDD 目指すとTDDにもなれずにただただ泣きを見る、と思います。(もし、フリータイムがあったらこういう話をしたらよかったんだろうか。いや私のようなヘタレな話題ではダメだよなぁ…。資料のない即興プレゼンへたっぴぃだしなおのことだ) ※TDDと呼べるものでなければテストの自動化は意味がないなどという意図はありません。念のため

例1)
モジュール単位のテスト自動化がまったくなくて「画面からDBまで結合」した大きな単位でテストの自動化を入れたある例。
そこで「一つのテストだなるべく多くの項目をチェックできるようにテスト設計をしっかりすること」という指示が。
仕様が固定された範囲内でのバグ取りのための再テストの時はまだよかったが、一度テスト完了Fixの後、仕様変更後には、修正範囲が限定的であっても、テスト仕様(自動化データ)の修正点があまりに多すぎて再利用を前提とした予算・工程は組まれず、捨てられた。
これは、まぁ、自動化に悲劇というよりテスト仕様の再利用の悲劇といった方がいいかもしれませんが(自動化以外の仕様やin/out条件定義作業の方がずっとコストがかかっているので)、自動化部分に投じたコストも回収できたかどうか怪しい…。まぁ、自動化自体のコストはこの例ではゴミだったかもしれないです(ツールもアホではないので)

例2)
VisualStudioの単体テスト機能を使って、「テストによるコードカバレッジ100%」になるようにテストコードを書くことを命じられたあるプロジェクト。もちろん、これも、TDDに向かないコードに対しての指示でした(ただ、このプロジェクトは既存コードの低予算でのマイグレーション案件だったので、そもそも既存コードあり、リファクタリング予算なし、という制約だった)。
「バカでかくて複雑な単一メソッド」が癌で、仕様変更なり大きな回収が入る度にカバレッジ100%行かなくなってしまった。ところが、その主な理由は、その後通らなくなってしまったコードに問題があるからではなく、ある修正のために、その部分を通る条件となる元データがかわってしまったが、その条件を満たすデータを作り出すのがあまりに大変であった例。
最初だけ100%で、以下は100%をあきらめるという運用で回避状態だったわけですが、こいつの場合も、当初書いたテストコードは「必要十分」でないゴミが発生したわけです(まともなTDDでものちに要らなくなるテストがゼロと決まってはいないでしょうが、ゴミ発生率が高くて割が合わなかった、という話です)。
テスト自動化自体がまったく無駄だったということはないのですが、コスパは悪かったし、一度かかげた100%が捨てられる等、品質目的に対してかかげられた施策が途中でよれたわけで、品質管理の観点からもどうだったんですかね(現実的に目標や対策を途中で見直すことが悪いというわけではないのですが、なし崩しだとどうなんすかね、評価もしづらいので…)
こちらの場合は、こういうものだと割り切ってやる限りにおいてはコスパが悪いといっても許容範囲だったかもしれない。。。

すんません。マサカリ投げて私に勉強させてください…。
| pc/net | 10:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:48 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/01/14 7:58 PM |









http://kozawa.jugem.cc/trackback/574
Firefox3 Meter レビュープラス
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE